沿革

年月日 主要事項
昭和36年 (有)比良製陶所として瀬戸市にて、食器の製造、販売を開始する。
昭和40年 食器とあわせて、電磁器製品の製造、販売を開始する。
昭和43年 磁器製充填ボールの製造、販売を開始する。
昭和45年 製造品目の主力を充填ボールに移行する。
昭和47年 粉砕用耐磨耗性アルミナボールの製造を開始する。
昭和50年 バレル研磨用砥石(メディア) の製造を開始する。
昭和55年 耐磨耗性ボールミル用アルミナライニング材の製造を開始する。
昭和59年 新製品開発のために研究棟を新設、スプレードライヤー、CIP、粒度測定機等を導入。
昭和60年 株式会社に改編すると共に、商号を株式会社比良セラミックスとする。
昭和62年 高純度アルミナボールの製造、販売を開始する。
平成 2年 瀬戸市隣接の藤岡町に藤岡工場を新設し、藤岡工場を本社とする。
(現 豊田市豊田工場)
平成 6年 藤岡第2工場を増設。
平成 8年 アルミナボールの輸出販売を開始。
平成12年 アルミナボール増産のため、福井県テクノポート福井に、福井第1、2工場を新設。
平成16年 アルミナボール増産のため、福井第3工場を増設。
平成17年 市町村合併に伴う住所変更のため、藤岡工場を豊田工場に改称。
平成19年 アルミナボール増産のため、福井第4,5工場を増設。
また、業務の拡大に伴い経営合理化のため、株式会社ヤマトセラを設立する。
平成23年 新製品製造のため、福井第6工場を増設。
平成24年 ジルコンビーズ、アルミナ系触媒ボールの製造を開始する。
平成27年 ジルコニアビーズの製造を開始する。
また、神奈川県川崎市に研究室を設置する。